読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日2

 今日は愛についての話。

家族と住んでるときも、離れて暮らす今も、なぜか悲しみとか虚無感とかを感じる。自分には、無意識に出てくる「助けて、お願い。」なんて言葉がある。私は誰に助けてほしいんだろう。何を、なにから助けてほしいんだろう。それの一つの案として、自分一人を思ってくれる、愛してくれる、いわゆる恋人なんてやつを考えてみた。

自分自身を愛してくれるなんて、恋人である必要なんてないだろうという意見も当然だと思う。でも私は恋人という概念について考えたい。

家族とも師弟とも友情ともその他諸々の愛と、区別すべきではないだろうがいろいろと違ったものが含まれていると思うのだ。だって、私が感じている様々な感情が何かしらの愛によって満たされるものならば、離れて暮らす今、そんな感情はなくなっているはずだろう。

恋人とは、「恋しいと思っている異性で、多く相思相愛の間柄。」「配偶者以外、肉体関係を持つ」とか書いてある。恋しいという感情は何か家族やそれ以外のひとに感じる者ではないだろう。「愛しい」なんてのもそうではないか。とにかく、家族とか友達とか年上年下いろいろそういう人からではなく、全く知り得もしなかった他人か、自分という人間を認識してもらい、最終的には愛を注いでほしいのだ。

改めて書くと、私は誰か認めてもらいたいと感じていることもわかる。私だけでなく、世の中の人々皆が思うことだろう。無意識にでも感じているはずだ。

プラトニックだったり普通だったり激しめだったり、いろいろあるが、私は愛を感じたいのだ。もう感じていたとしても気づいていない。そうだと断言できない。だからこそ愛を深めていく段階を、常に愛を、感じたいのだ。

ここまで来て、愛とは何か、というと、まあ自然に涙でも出てくるんでないだろうか。

私は知らない。