今日3

自分より遙かに年上の人に出会うと、何か強い生命力エネルギーみたいなものを感じる。もちろん誰にでもではない。そういう人に出会ったときは、なぜ今も生きていられるのかと問いたくなる。そんな問いは問い詰めれば一生かかってもわからないのだろうから、この話はおいておく。

自分の尊敬に値する人に出会うと、気づかぬうちにいろんなことを質問しようとする。

今日は忘れぬうちに書き留めておく。

「食べること、作ることを嫌だと思ったら、死ね!」食べていくから生きていられる。ありがたいこと。食べなかったら死ぬしかない。

「悲しむな、楽しめ。」

「なんとかなる。わからない未来のことを不安がってたって意味ない。」

いろんなアドバイスも勿論だが、そんな人に直接会って話をすることが、とても身になる。

「思い続ければ巡り巡ってくる。」

「語学は使ってなんぼ」

「可愛がられる努力」

尊敬できて自分が何かを得られる、人との出会いがとても嬉しい。