今日5

この間数分間の間だけれど、意識を失った。人は簡単に意識飛ぶんだなあって思った。両親が心配して家に来てくれた。倒れてから、「漫画みたいな出来事だなあ。」って思ってたけど、ふと思い出すと涙が出てきた。やっぱ怖かったのかあと気づいた。記憶がないっていうこと、そしてそのまま死んじゃうかもしれないことが怖かった。ぶっ飛んだ想像かもしれないけど、十分にあり得ることだと思う。

休んでる間、死について考えるようになった。明日死ぬとわかっていたら今日の生き方は変わる。毎日気負うことはなくても、ふとしたときにでも思い出して、それまでの日々を振り返ることにする。

自分が愛されてて帰るとこがあるのを幸せに思う。将来どうなるかわからないけど、今心配しても意味ないし、疲れるだけで意味がない。自分をよくするための未来を考える。

倒れてからいろんな大人の方と話したけど、どうやら私は真面目らしい。気の抜きどころが難しい。昔からちょいちょい真面目だと言われてきたが、どこがそうなのかは未だによくわかっていない。わかるのは数十年後なんだろうと話していたら、「そうかもしれないね笑い私も未だに悩んじゃう笑。」的なことを四十を超えた事務のおばさまに言われてしまった。人生短いけど長い、ああ怖いなあと思いますね生きるのが。常に思ってる気がする。まあそんなことを思っても意味がないから、普通にやりたいことやって生きていきたいと思います。そういやリアリストだとも言われた。それは父親譲りだと言っておいた。不思議と笑えてしまった。