今日6

前回はずいぶん前なので今回は長くなる。

覚えてること

・外国人の人に道を聞かれた・アメリカへ行った・勉強に対する態度

・自分の堕落さ・人間ってめんどくさい・バイトでの出来事・名言・将来のこと・やりたいこと

 

1,なんか感動した こういうとこで英語をすらっと使いたい

2,海外へ行くのは初めてだった。でも正直そこまでどきどきした記憶はない。一緒におったこのめんどくささがわかった。他の人を見て、ここに何をしに来てるんだろうと思って、いらいらした。私は何もかも英語で進めたかった。でも、結局日本語に頼っている自分、クラスメイトの意識のなさ。うざかった。自分も情けなかった。あの子がうざいと思うのは、いちいちいろいろ、私はどうせできんのやろうと決めつけるように、なんでもかんでも言ってくるところが、親父と似ているからだ。そこだけはどうも好きになれそうにない。アメリカに行ったことは自分にとって思ったほど、印象的ではなかった。結局自分の意識の問題が解決しないことには意味がないことがわかった。こうしようああしようこうすべきだそうしよう。思うだけで全く続いていなかった気がする。自分に厳しすぎるのだろうか。でもそんなのはわからない。まあいいや。結局どこへ行っても人は、自分というのは変わらないのだろうと思った。とにかく次海外に行くのなら、しっかり勉強した後に、一人で行きたい、行くべきだろうと思った。自分の性格上、目標を達成するためにも自分の身一つがベストだろうと考えている。

3,さっきも書いたけれど、いつも言うだけ思うだけで何も進んでいないように思う。そう簡単には変わらないか・・でもあがくしかない、できるまで。そう思ってる。一つ一つもっと軽い気持ちで、責任感も大切だけど、無理しすぎること、自分に押しつけすぎることはよくない。今は部屋を清潔に保つことを意識している。整頓、もっと利便性などをあげることは続けていく。次は勉強、(机に向かうこと+それ以外の勉強)学校の勉強だけでは進んでいかない。前へ。努力しなさすぎた自分を恥じるべき。頑張ってるけど、本気になることとか、続けることとかから私は逃げてると思う。今直さんかったら、大人になって本気でやりたいことができたとき、一番つらいと思う。私は努力が報われないという現実を突きつけられすぎたのかもしれない。そう思ってる。でも、努力していなかったという可能性もあるけどねw

4,ほぼほぼ他に書いてる

5,いろいろ思う

6,今日衝撃の事実をいろいろ知ってしまった。

バイトを始めた頃、私はほぼほぼの人から嫌われていたらしい。それも新人の頃の私は皆の人間関係を知るはずもなく、店長と仲良くしていた。しかしその頃店長は皆から嫌われており、シフト表も新人のくせにトップの方にいたことや、優遇されていることが嫌われる原因となったようだった。そんなことは私は一切気づいていなかったwwwwマジで笑い話である。笑いすぎで、私はほほが痛かった。やっぱ嫌われてたっていう事実はつらかったw私は人から自分がどう思われてるかってことには鈍感って言うことに気づきました。相当ね。まあ知らぬが仏いいことだと思って割り切る。

あと正直あの女がマジでうぜえ。結局女はっていうか人は顔なんだなあって。どうあってもかわいい顔で生まれたやつかっこいい顔で生まれたやつまあ美形は生まれながらにして運命人生が決まったようなもんなんだなあとよくわかるわ馬鹿野郎がくそがマジ死ねよってかんじだねうん。

私は居酒屋でわいわい仕事をするのが好きだ、だから忙しくなるとどんどん無口になって、もくもくと作業するやつはめんどくさくで、だいたいやりづらいと思っている。実若干気の利かないやつが多すぎてくそめんどくせえ。あと、シフトで忙しいときに入らないのがまじでうぜえ何様なのとか言ってるけど、所詮バイトだよねって割り切ってるつもりで言ってることと矛盾してるのに気がついてない人が多すぎる。入らない入れない結局それだけだろ、人集めりゃいい誰も入らないから入ってるのは君でしょう。結局みんなに優しく他の人のことを考えてシフトに入ってほしいというあなたのエゴなんでしょう。なぜそれに気づかないのか。不思議でならない。じゃあ入らんかったらええやろ自分の勝手にせえやてかそれでええと思ってる自分がおるんやろ?なあ?・・・といいたいが助かっているのは事実なのでまあ何も言わないで置こうと思う。とりあえずあからさまに嫌いオーラ近づくなオーラを出して、あと気を利かせず行動が遅くて仕事に支障をきたすやつは消えろと切実に思うね。

7,AD LIVEいっ豊永さんと森久保さんの講演をみて、やっぱ自分を表現することをしてみたいなって思った。やっぱ舞台がすき、どこへいってもどんな職でもきらきらしてる人はいるけど、私は多くの人一般大衆の人多くの人に認められたいのかなあって思った。一目見られてああこの人はこういう人なんだと思われるようなことをしたいのかなって思った。